奈良くるみ、ストレート負けで8強ならず<女子テニス>(tennis365.net)

女子テニスツアーのAEGON・オープン・ノッティンガム(イギリス/ノッティンガム、芝、WTAインターナショナル)は14日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク91位の奈良くるみは同126位のT・ピロンコバ(ブルガリア)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

【珍事件 奈良くるみ「笑えない」】

この日、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率が82パーセントのピロンコバから奈良は1ブレークに成功するも、自身のサービスゲームでは4度のブレークを許して1時間17分で敗れた。

勝利したピロンコバは準々決勝で、第5シードのL・サファロバ(チェコ共和国)とシェ・シュウェイ(台湾)の勝者と対戦する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする