バルサが狙うはデンベレ、デウロフェウ、ベジェリン、ヴェッラッティ…獲得の行方は?(GOAL)

来季レアル・マドリーからの王座奪還を目指すバルセロナだが、ここに来て今夏の補強の照準が定まりつつある。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

ルイス・エンリケ監督の退任を受け、エルネスト・バルベルデ監督を迎えて新体制をスタートさせるバルセロナ。ロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)は指揮官を満足させるため、3つのポジションでの補強を約束しているという。

それは右サイドバック、中盤、ウィングだ。右SBにはアーセナルDFエクトル・ベジェリン、中盤にはパリ・サンジェルマンMFマルコ・ヴェッラッティを据える目論見で、クラブはその実現に向けて全力で働いている。ベジェリンは先日、ロベルトSDとの接触を認めていた。ヴェッラッティもドナト・ディ・カンプリ代理人がパリSGと会合の場を持ち、移籍希望を伝えたといわれている。

ウィングには、ミランFWジェラール・デウロフェウ、ボルシア・ドルトムントFWオスマン・デンベレの名が挙がっている。バルセロナはカンテラ(下部組織)出身選手であるデウロフェウに関して、6月30日まで有効期限がある買い戻しオプションを有している。バルセロナが1200万ユーロ(約14億円)を支払えば、デウロフェウの復帰が実現する。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする