インパルス堤下「睡眠薬運転」騒動でコンビどうなる(東スポWeb)

人を傷つけず物損もなかったが、相方との関係が壊れる!? 睡眠薬を飲み、意識がもうろうとなった状態で車を運転し、警察に道路交通法違反の可能性があるとして事情聴取を受けたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(39)が14日、都内の吉本興業東京本部で経緯を説明し「すべてボクの責任。認識不足と甘さだと思っています」と謝罪した。事件性はなく、大事故にはならなかったことで刑事処分はない見込み。芸能活動に支障はなさそうだが、気になるのは今後のコンビとしての活動だ。

「ご迷惑をおかけしました」と深々と頭を下げた堤下。ハンドルを握ったまま意識がもうろうとする前には、行きつけのスーパー銭湯でサウナに入り、「牛乳を飲むときに薬も飲んだ」という。

 堤下は14日午前2時25分ごろ、都内多摩中部地域の狛江市の都道に停止した車中で、意識がもうろうとなった状態で見つかった。病院へ搬送されたがアルコールや違法薬物の反応はなし。警察は薬物の影響で正常な運転ができなかった可能性があるとみて、道路交通法違反の疑いで事情を聴いていた。

 堤下が利用した「世田谷温泉四季の湯」店主は「13日午後11時半ころに来て約30分間入浴し、風呂上がりにフルーツ牛乳を買って談笑していたが、薬を牛乳と一緒に飲んでいたのは見ていない。14日午前0時40分ごろ『明日は朝が早いから。そろそろ帰るかな』と言って帰ったけど、フラフラしたり、変な様子は全くなかった」と言う。

 その薬は睡眠薬など3種類。堤下は1か月ほど前からじんましんに悩まされており、病院で「かゆくて寝不足にもなっていた」と医師に話したところ「ゆっくり眠ってみてくださいと、昨日(13日)初めて渡された薬」だった。

 医師からは運転前に薬を飲まないようにと注意されていたが「銭湯から家までは車で10分ほどしかかからないし、ボクの知識の中で薬が効くまで時間がかかるだろうと思っていた。家に帰ってちょうど眠れる」と考えて服用。だが、予想外のアクシデントに「自分の判断で飲んだのが原因。ボクの認識不足、甘さがあった」と頭を下げた。

 他の車のドライブレコーダーには、堤下の車が2車線の中央分離帯側で不自然に停車する様子が写っていた。

 堤下は運転中は眠くなかったが「急に意識がなくなった。ガガガガと音がしたので、何かにぶつかったと思ってブレーキを踏んだ。その後、コンコンコンと警察官が窓ガラスを叩く音がして、呼気検査をした。その後は病院に寝ていた」。記憶が飛び飛びだという。

 記憶がない間に運転したことは「とても危険なことをした。対人や対向車が巻き込まれるようなことがなくてよかった。こういう言い方をしてはいけないですが、不幸中の幸い」と反省した。

 自車のドライブレコーダーの映像を警察に提出し、現場検証にも立ち会うが「刑事罰などは言われていない」といい、仕事は今後も変わらずできそうだ。

 ドラッグや自殺などの物騒な事件ではなく何よりだが、お笑い関係者は「今回のことをうまくお笑いに昇華させられないと、芸人として立場が苦しくなる。相方が上手にいじってくれるかどうかが大事」と語る。

 最近では“当て逃げ”で謹慎したノンスタイルの井上裕介(37)の例もある。井上は3か月半ぶりの復帰を3月末に果たしたが「尽力したのが相方の石田(明)でした。復帰ステージでさっそく事故を問題にならないようにうまく笑いに変え、井上が戻りやすい環境を作った」と同関係者。

 堤下の場合も同様に切り抜けたいところだが、相方・板倉俊之(39)はどうか。別のお笑い関係者は「実は、2人の関係は決して良好ではないようだ」と明かしたうえで「コントをやらせれば、ビートたけしさんも絶賛するほどの実力ですが、今年に入って解散説が流れた。板倉にとって今回の件がどう見えているのか。一つ間違えれば解散説が現実になるかも。とはいえ逆もあるのがお笑いコンビで、ノンスタイルも関係が良くなかったけど、あの一件を機に良くなった。今後のインパルスは見もの」と続ける。

 気になる板倉はツイッターを更新し「堤下がご迷惑をおかけしました。すみませんでした。会見後に連絡があり、本人も大変反省しておりました。ケガ人が出なかったことが救いでしたが、そうなる前に通報してくださった方、ありがとうございました」と記した。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする