島倉千代子さんの葬儀・告別式で60周年記念曲から「たちの小径(こみち)」が流された。

8日に肝臓がんのため死去した歌手の島倉千代子さん(75歳)の葬儀・告別式が今日(14日)、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。

葬儀・告別式で5日に自宅で録音された島倉千代子さんの最後の肉声が公開されました。
「私の部屋の中にスタジオができて、私はできる限りの声で歌いました。自分の人生の最後に、もう2度と見られないこの風景を見せていただきながら歌を入れられるって、こんな幸せはありませんでした。人生の最後に素晴らしい、素晴らしい時間をありがとうございました」

島倉千代子さんの最後の肉声が流れた後に、5日に自宅でレコーディングされた60周年記念曲「からたちの小径(こみち)」(作詞・喜多條忠、作曲・南こうせつ)が流されました。

からたちは島倉千代子さんが好きな花だったそうです。

島倉千代子さんのプロフィール
出生名 島倉千代子
別名  お千代さん
生年月日1938年3月30日(75歳)
出身地 東京都
血液型 A型
ジャンル 演歌
レーベル 日本コロムビア

主な楽曲

  • りんどう峠(1955年)
  • 乙女流しは寂しいネ(1956年)
  • 東京の人さようなら(1956年)
  • 逢いたいなァあの人に(1957年)
  • 祇園まつり音頭(1957年)
  • 東京だよおっ母さん(1957年)
  • からたち日記(1958年)
  • 北京の小鳥売り(1958年)
  • 思い出さん今日は(1958年)
  • 海鳴りの聞こえる町(1959年)
  • 夕焼けさん(1959年)
  • 哀愁のからまつ林(1959年)
  • おもいで日記(1959年)
  • 他国の雨(1960年)
  • 白い小ゆびの歌(1960年)
  • 花散る下田(1960年)
  • 恋しているんだもん(1961年)
  • 島倉の口癖をアイデアに作詞
  • 夕月(1961年)
  • 襟裳岬(1961年)
  • 十国峠の白い花(1961年)
  • かるかやの丘(1961年)
  • 七夕おどり(1962年)
  • さよならとさよなら(1962年)
  • 別れるときは死ぬときよ(1962年)
  • 武蔵野エレジー(1963年)
  • 星空に両手を(1963年)
  • あの橋の畔で(1963年)
  • 松竹の同名映画の主題歌
  • ふたりだけの太陽(1964年)
  • 新妻鏡(1965年)
  • ほんきかしら(1966年)
  • 涙の谷間に太陽を(1966年)
  • ほれているのに(1967年)
  • 愛のさざなみ(1968年)
  • わかれ(1968年)
  • すみだ川(1969年)
  • 美しきは女の旅路(1970年)
  • 竜飛岬(1971年)
  • 津軽の宿(1972年)
  • 流し唄(1974年)
  • 悲しみの宿(1975年)
  • ひろしまの母(1977年)
  • 京都 北嵯峨 別れ寺(1977年)
  • サーシャわが愛(1979年)
  • 女がひとり(1980年)
  • 鳳仙花(1981年)
  • ためいき橋(1982年)
  • 積木くずし(1983年)
  • 夢飾り(1984年)
  • 母子星(1984)
  • くちべに挽歌(1986年)
  • 浅草メロドラマ(1987年)
  • 人生いろいろ(1987年)
  • 浪花姉妹(1987年)
  • 心うきうき(1988年)
  • ゆずり葉の宿(1989年)
  • おんなの一生(1989年)
  • 今日も初恋(1991年)
  • 空蝉(1992年)
  • それ行けダイエーホークス音頭(1992年)
  • 女の夢灯り(1993)
  • 昔も今も…女(1994年)
  • あしたになれば(1994年)
  • 夢おまもり(1994年)
  • あの頃にとどけ(1995年)
  • 片瀬月(1995年)
  • 火の酒(1996年)
  • ときめきをさがしに(1996年)
  • 私って(1997年)
  • 花なら花らしく(1998年)
  • 人生はショータイム(1999年)
  • 柿の実ひとつ(1999年)
  • 三日月慕情(2000年)
  • 北どまり(2001年)
  • 君(2002年)
  • 海かがみ(2003年)
  • 風のみち(2004年)
  • ちよこまち(2005年)
  • それいけGoGo(2006年)
  • おかえりなさい(2007年)
  • 風になる(2009年)
  • 私の小さな幸せの花(2010年)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする