将棋・藤井聡太四段、無傷の20連勝達成!今期無敗の実力者・澤田真吾六段に155手で勝利(AbemaTIMES)

天才棋士がまたもや快挙を成し遂げた。将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)が6月2日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第43期棋王戦予選で、澤田真吾六段(25)に155手で勝利し、昨年12月のデビュー戦以来の連勝記録を「20」に伸ばした。5月25日に行われた第30期竜王戦の6組ランキング戦で優勝、決勝トーナメント進出を決めていたが、棋王戦でも挑戦者決定トーナメント進出が決まった。

 とてつもない大勝負を、想像をはるかに超える力で制した。対戦した澤田六段は、第58期王位戦の挑戦者決定リーグ(紅組)を5連勝で突破し、挑戦者決定戦に駒を進めている新鋭。さらに2017年度は7勝0敗と、藤井四段に負けず全勝街道を走っており、今期に限れば「全勝対決」でもあった。後手番で始まった対局は61手目で千日手となり、先手・後手入れ替わって指し直しに。先手番で仕切り直しになった一局は、過去の連勝中では見られなかった大熱戦。周囲で見ていた棋士たちの評価も目まぐるしく変わる対局でも、藤井四段は負けなかった。

 これで連勝記録はついに「20」の大台に乗り、有吉道夫九段と並び歴代6位タイに。竜王戦に続き棋王戦でも挑戦者決定トーナメント進出を決め、夢のタイトル奪取へまた一歩近づいた。ベテランにも勝った。新鋭にも勝った。いよいよ藤井四段を止める棋士が誰なのか、探し出すのも難しい状況になってきた。

◆藤井聡太四段の連勝一覧

 2016年12月24日 加藤一二三九段 竜王戦6組ランキング戦

 2017年1月26日 豊川孝弘七段 棋王戦予選

 2017年2月9日 浦野真彦八段 竜王戦6組ランキング戦

 2017年2月23日 浦野真彦八段 NHK杯予選

 2017年2月23日 北浜健介八段 NHK杯予選

 2017年2月23日 竹内雄吾四段 NHK杯予選

 2017年3月1日 有森浩三七段 王将戦予選

 2017年3月10日 大橋貴洸四段 新人王戦

 2017年3月16日 所司和晴七段 竜王戦6組ランキング戦

 2017年3月23日 大橋貴洸四段 棋王戦予選

 2017年4月4日 小林裕士七段 王将戦予選

 2017年4月13日 星野良生四段 竜王戦6組ランキング戦

 2017年4月17日 千田翔太六段 NHK杯1回戦

 2017年4月26日 平藤真吾七段 棋王戦予選

 2017年5月1日 金井恒太六段 竜王戦6組ランキング戦

 2017年5月3日 横山大樹アマ 新人王戦

 2017年5月12日 西川和宏六段 王将戦予選

 2017年5月18日 竹内雄悟四段 加古川青流戦

 2017年5月25日 近藤誠也五段 竜王戦6組ランキング戦決勝

 2017年6月2日 澤田真吾六段 棋王戦予選

 ◆歴代連勝記録

 1位 神谷広志八段 28連勝 1986~87年

 2位 丸山忠久 九段 24連勝 1994年

 3位 塚田泰明九段 22連勝 1986年

 4位 羽生善治三冠 22連勝 1992年

    山崎隆之八段 22連勝 2002~03年

 6位 有吉道夫九段 20連勝 1984年

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする