キリオス 芝に足とられ転倒、1回戦を途中棄権<男子テニス>(tennis365.net)

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は19日、シングルス1回戦が行われ、第9シードのN・キリオス(オーストラリア)は世界ランク55位のD・ヤング(アメリカ)との対戦中、芝に足をとられて転倒し第1セット終了時に途中棄権を申し入れた。

【錦織vsベルダスコ 1ポイント速報】

この日の第1セット、ゲームカウント4-4で迎えた第9ゲームでキリオスは滑りやすい芝のコートに右足をとられ、コートへ倒れ込んだ。左臀部を治療して試合は再開されたが、タイブレークの末にこのセットを落とし、棄権となった。

現在22歳のキリオスは今季、3大会でベスト4へ進出するも未だタイトル獲得には至っていない。先日の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では2回戦で世界ランク56位のK・アンダーソン(南アフリカ)に逆転で敗れていた。

一方、勝利したヤングは2回戦でV・トロイキ(セルビア)とJ・ティプサレビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

今大会のシード勢は第1シードがA・マレー(英国)、第2シードがS・ワウリンカ(スイス)、第3シードがM・ラオニッチ(カナダ)、第4シードがM・チリッチ(クロアチア)、第5シードがJW・ツォンガ(フランス)、第6シードがG・ディミトロフ(ブルガリア)、第7シードがT・ベルディヒ(チェコ共和国)、第9シードがキリオス。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする