全英WC発表、昨年話題のウィリスは複と単予選に<テニス>(tennis365.net)

7月3日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は21日、ワイルドカード(主催者推薦枠)を発表した。

【錦織vsカチャノフ 1ポイント速報】

男子シングルスでは、2009年のウィンブルドンでベスト4進出を果たし、今シーズン限りでの引退を発表している39歳のT・ハース(ドイツ)、2016年のウィンブルドン・ジュニア男子シングルスでタイトルを獲得した18歳のD・シャポバロフ(カナダ)らが選出。

女子シングルスでは、20歳で世界ランキング246位のK・ボウルター(英国)、同133位のZ・ディアス(カザフスタン)らとなった。

また、昨年のウィンブルドンで当時772位から予選を突破して四大大会初勝利をあげ、注目を集めたM・ウィリス(英国)はダブルスとシングルス予選のワイルドカードを獲得した。

昨年のウィンブルドンは、王者A・マレー(英国)がM・ラオニッチ(カナダ)を下し、2度目のタイトルを獲得。女子は、S・ウィリアムズ(アメリカ)がA・ケルバー(ドイツ)に勝利して2連覇達成と7度目の優勝を飾った。

【ウィンブルドン2017 ワイルドカード】

【男子シングルス】
1:T・ハース
2:B・クライン(英国)
3:C・ノーリー(英国)
4:D・シャポバロフ
5:J・ワード(英国)

【女子シングルス】
1:K・ボウルター
2:N・ブローディ(英国)
3:Z・ディアス
4:L・ロブソン(英国)

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする