土屋太鳳 初挑戦の舞台で海外デビュー「畏れを感じています」(スポニチアネックス)

女優の土屋太鳳(22)が、人気漫画が原作の「プルートゥ PLUTO」で舞台に初挑戦する。

 漫画家の浦沢直樹氏とストーリー共同制作者の長崎尚志氏が、手塚治虫氏の「鉄腕アトム」の一編「地上最大のロボット」をリメークし、単行本は850万部を売り上げるヒット作。人間とロボットが共存する世界で、最強のロボットが次々と破壊される事件が起こり、アトムと高性能刑事ロボットのゲジヒトが謎を追う物語だ。

 2015年に初めて舞台化され、主演のアトム役は前回に続き森山未來(32)。土屋はアトムの妹で不思議な能力を持つウランと、ゲジヒトの妻ヘレナの2役を演じる。

 ダンスや音楽、映像など演劇の枠を超え多彩な表現方法を用いる作品。土屋は幼少期から日本舞踊やクラシックバレエ、ダンスを習い、在学中の日本女子体育大学で舞踊学を専攻。抜群の身体能力と表現力で評価が高い。

 秋以降に稽古が始まり、来年1月に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演。同2月には英国、オランダ、ベルギーでヨーロッパツアーが予定され、初出演舞台でいきなり“海外デビュー”も果たす。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする