“第2のYOSHIKI”防ぐには アノ人が教えるヘドバン故障防止法(東スポWeb)

激しくヘッドバンギングしながらドラムを叩くスタイルで知られた「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表=写真)が、20日の会見で「ヘドバン禁止法ができればいい」などと、ヘッドバンギングが健康に悪い旨を発言していたが、一風変わった解消法が浮上した。

 YOSHIKIは先月16日に、米ロサンゼルスで頸椎人工椎間板置換の緊急手術を受け、復帰会見をしたばかり。

「ヘビーメタルのアーティストのライブステージパフォーマンス、観客の楽しみ方として、ヘッドバンギングは欠かせないものです。世界のベテランアーティストは体の故障や体力弱体化などの理由で、ステージアクションが地味になってきているのに、50代までヘッドバンギングしてきたYOSHIKIさんは、頑張った方かもしれません」(日本へヴィメタル振興協会広報)

 第一興商はバンド活動に情熱を注ぐ大人たちが一堂に会するイベント「おやじバンドフェスティバル」を開催するなど、現在、空前のオヤジバンドブーム。それだけに首の痛みに悩むおやじヘッドバンガーが増えているという。

 20代のころよりも肉体を増強しているという坂本一生(46)は現在、その手法を伝授するために「坂本一生スポーツジム」のフランチャイズを展開中。フジテレビ全盛期のカリスマプロデューサー、塩沢浩二氏のプロデュースで筋トレ教則映像も制作。首についての相談を受けることも多くなったという坂本は、救済のための特別メニューを開発していた。

 坂本は「首を守るのに大事なのは、首、僧帽筋、腹筋などを鍛えることです。首はデリケートですから、専門的知識の正しいフォームの案内が必要です。首を正しく鍛えることにより、外からの衝撃に対する耐久力、骨の周囲に鍛えられた良質な筋肉があれば安定し、ヘドバンのように内側から骨に振動を与える動きにも、効果が期待できます」と説明する。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする