G大阪、オランダ移籍の堂安を勝利で送り出せず…川崎との上位対決はドロー(SOCCER KING)

2017明治安田生命J1リーグ第16節が25日に行われ、ガンバ大阪と川崎フロンターレが対戦した。

 3位G大阪が6位川崎をホームに迎えての上位対決。G大阪はこの試合を最後にオランダ1部・フローニンゲンへ期限付き移籍するMF堂安律や、MF遠藤保仁、MF倉田秋らが、川崎はMF中村憲剛やFW小林悠、古巣対決となるMF阿部浩之らが先発に名を連ねた。

 G大阪は13分、堂安がエリア内右から右足でシュートを放つと、こぼれ球を倉田がダイレクトで狙ったが、枠の上に外れた。44分には堂安からパスを受けた倉田がエリア外から左足で狙ったが、このシュートも枠を捉えることができなかった。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入り52分、川崎は右サイドを持ち上がったエウシーニョがグラウンダーのクロスを蹴り込み、ファーサイドの登里享平がダイレクトで折り返す。最後は中村が右足で合わせ、先制に成功した。

 追いかけるG大阪は64分、堂安と遠藤を下げ、アデミウソンと藤本淳吾をピッチへ送り出す。直後の68分、G大阪は左サイドに流れた井手口陽介が右足でクロスを上げると、このボールを長沢駿がヘディングで合わせる。このシュートがゴール右に決まり、試合は振り出しに戻った。

 終盤の86分、川崎はエウシーニョが右サイド深くから折り返したボールに小林が右足で合わせたが、うまくミートすることができず、決定機を逃した。

 次節、G大阪は7月1日にアウェイでベガルタ仙台と、川崎は同日にホームでヴィッセル神戸と対戦する。

【スコア】
ガンバ大阪 1-1 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 52分 中村憲剛(川崎)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする