大宮、3ゴールを奪い今季初のリーグ戦連勝達成…広島は連敗脱出ならず(SOCCER KING)

2017明治安田生命J1リーグ第16節が25日に行われ、サンフレッチェ広島と大宮アルディージャが対戦した。

 J1残留を争う17位広島と16位大宮の一戦。試合前には、前節にJ1通算250試合出場を達成した広島のGK林卓人のセレモニーが行われた。

 前半は両チーム決定機を欠き、ゴールに結びつくことができなかった。0-0のまま前半を折り返す。

 61分、ついに試合が動く。大前元紀が倒れこみながら江坂任につなぐ。江坂はドリブルでペナルティエリアに持ち込み、角度の無いところから精度の高いシュートを放つ。これがゴール右に決まって大宮が先制に成功。

 反撃に出たい広島は80分、ディフェンスラインの裏へのスルーパスを工藤壮人がトラップ、ペナルティエリア内から中央のスペースに折り返す。走りこんだ宮吉拓実がフリーでシュートを放つがゴールには至らなかった。

 試合終了直前のアディショナルタイム4分と5分、立て続けに大宮のマテウスと渡部大輔がゴールを奪い一気に3点差に。

 試合はこのまま終了。アウェイの大宮が貴重な勝ち点3をゲット。さらに今季初の連勝もものにした。一方の広島は3連敗、残留に向け厳しい戦いが続く。

 次節、広島は7月1日にアウェイで浦和レッズと、大宮は2日にホームで横浜F・マリノスと対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 0-3 大宮アルディージャ

【得点者】
0-1 61分 江坂任(大宮)
0-2 90+4分 マテウス(大宮)

株式会社リアルスタイル Real Styleの吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001] 体験談とネタバレがヤバいかも

株式会社リアルスタイル Real Styleさんの
吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする