磐田が川又のゴールなどで5年ぶりのJ13連勝! 大久保負傷のFC東京を下す(SOCCER KING)

2017明治安田生命J1リーグ第15節が25日に行われ、ジュビロ磐田とFC東京が対戦した。
 
 前半11分、中村俊輔が右サイドの高い位置でボールをキープし、オーバーラップしてきた川辺駿にスルーパス。川辺が中央へクロスボールを供給すると川又堅碁が競り勝って頭で合わせ、ホームの磐田が先制に成功した。

 追いつきたいFC東京は前半21分にアクシデント。大久保嘉人がコーナーキックで走り込んだ際に右足を負傷しピッチに倒れ込む。苦悶の表情を浮かべていた大久保は立ち上がることができず、担架に運ばれて交代。代わって永井謙佑が投入された。

 大久保を失ったFC東京はウタカを中心に反撃を試みるもののなかなかシュートまでいけず、ホームの声援を受ける磐田が前半をリードして折り返した。

 両者メンバー交代をせずに迎えた後半、53分に中村がロングシュートを狙う。ボールはゴールの右に流れた。

 57分、左サイドからカットインしたアダイウトンがファーサイドを狙ったシュート。林彰洋の横っ飛びのセーブを見せるとこぼれ球に詰めたのは櫻内渚。しかしシュートは林のセーブにあいゴールには至らない。

 攻勢を強める磐田が78分に2点目を獲得する。アダイウトンが川辺のスルーパスに抜け出すと冷静にニアサイドをつき、追加点を決めた。磐田はこの2点を守り切って、終了のホイッスル。ホームの磐田がJ1で5年ぶりの3連勝を決めた。

 次節、磐田は7月1日にアウェイでアルビレックス新潟と、FC東京は2日にアウェイでセレッソ大阪と対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 2-0 FC東京

【得点者】
1-0 11分 川又堅碁

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

株式会社リアルスタイル Real Styleさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする