「選手には感謝している」レーヴ監督、ドイツ指揮官初の100勝達成!(SOCCER KING)

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督が、通算100勝目を記録した。ドイツサッカー連盟(DFB)が発表した。

 FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループB最終節が25日に行われ、ドイツ代表はカメルーン代表と戦い3-1で勝利した。この勝利により、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は代表監督通算100勝利を達成した。

 2006年から代表監督を務めるレーヴ監督は現時点で150試合を戦い100勝27分け23敗という記録を残している。ドイツ代表監督しては、2008年の欧州選手権では準優勝し、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは3位を記録。2012年の欧州選手権では準決勝でイタリア代表に敗れ敗退したが、2014年のブラジル・ワールドカップでは、24年ぶりの優勝を果たした。

 代表監督通算100勝達成にレーヴ監督はドイツメディア『ZDF』の取材に対し、「選手たちには感謝している」と感謝のコメントを残している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする