藤井四段の母・裕子さん、成長支えた「邪魔しない」スタンス(スポニチアネックス)

将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段(19)を破り、公式戦の新記録となる29連勝を達成した。

【写真】藤井四段の昼食に報道陣が群がる

 藤井の成長を支えたのが母親の裕子さん(47)だ。29連勝の新記録に「このような記録を達成することができ、本当に素晴らしいと思います。一局一局を大切に、これからも“強くなる”という目標に向かって進んでいってほしいです」とコメントした。裕子さんは勝敗を気に掛けながらも「落ち着いて目の前の対局に取り組めるよう、普段は勝ち負けの話はせず、集中している時は邪魔しない」というスタンスを貫いてきた。

 子供の才能を伸ばすために、どう関わるべきなのかは、世の親たちにとって永遠のテーマだ。裕子さんの「前に出過ぎない姿」に注目するのは評論家の芹沢俊介さん。「息子のあるがままを肯定的に捉えてきたように感じる。そのことが藤井さんの安定感を培い、対局での粘り強さにつながっているのでは」と分析した。

 「過去40年で天才を3人挙げるなら、谷川、羽生、藤井」と断言するのは、小学校低学年から藤井を見守ってきた将棋ライターの鈴木宏彦さん。「将棋の場合、才能が遺伝するケースは少ない」といい、「谷川、羽生、藤井に共通するのは、親が将棋をしなかったこと。将棋ができる親が子供に練習を強制し、やる気を失わせる例も多い。3人とも出過ぎない親だったのがよかった」と話した。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする