綿貫兄弟 父の日は共に準優勝 [テニス下部ツアー・ランキングの仕組み](TENNIS.JP)

6月5日~11日、有明で行われた橋本総業 東京有明国際オープン2017(男子$15,000 Tokyo)。
19歳の綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)がシングルスで見事優勝。兄の綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)と組んだダブルスでは準優勝した。

先週6月18日、昭和の森で行われたITF F8 昭和の森 吉田輝也メモリアルシングルス決勝で兄の綿貫裕介は福田創楽(フリー)に2-6,3-6で敗れ準優勝。

同時期に台湾で行われた$25,000台湾フューチャーでは、弟の綿貫陽介もD.NGUYEN(アメリカ)に6-7(8),1-6で敗れ準優勝となった。

注目を浴びる中、共に準優勝だった綿貫兄弟。
陽介のTwitterでは、「父の日に兄弟2人とも決勝で負けるとは、とんだ親不孝兄弟だなこりゃ。困ったもんだ」
「来週もがんばろ。お父さんなんだかんだいつもありがとう」と兄弟から父へメッセージを送った。

綿貫兄弟は上から綿貫裕介(27)・綿貫敬介(23)・綿貫陽介(19)の三兄弟。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする