ラッシュ密造の会社員逮捕 ネットで製造方法を調べ、原料を調達(産経新聞)

指定薬物の「ラッシュ」を密造したとして警視庁組織犯罪対策5課は医薬品医療機器法違反(製造)の疑いで、東京都練馬区中村南の会社員、桜井敏博容疑者(35)を逮捕した。調べに、「間違いありません」と容疑を認めている。

 組対5課によると、櫻井容疑者の自宅からラッシュ9本(66・9ミリリットル)のほか、50本分に相当する原料の薬品を押収。製造したラッシュは自分で使用したほか、1年半前から1本3千円~5千円で知人らに販売し、これまでに約300万円を売り上げていた。

 原料の薬品はインターネットの通販サイトから購入し、ネットを通じて製造方法を調べていた。同課が1月下旬、東京税関から「指定薬物を密輸している」との情報提供を受けて捜査。5月に中国・上海から指定薬物をEMS(国際スピード郵便)で密輸したとして逮捕していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする