錦織は第9シード、ウィンブルドンのシード順発表<男子テニス>(tennis365.net)

7月3日に開幕するテニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は28日、男子シングルスのシード順が発表され、世界ランク9位の錦織圭は第9シードになった。

【ウィンブルドン賞金一覧】

これまでのウィンブルドンで錦織は2014・2016年にベスト16進出。昨年は左脇腹の負傷で4回戦を途中棄権した。

今大会前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)では2回戦で臀部を痛め、途中棄権を余儀なくされた。

第1シードは2連覇と3度目の優勝を狙うA・マレー(英国)、第2シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第3シードはR・フェデラー(スイス)、第4シードはR・ナダル(スペイン)、第5シードはS・ワウリンカ(スイス)。

シード順は以下の通り。

第1シード:A・マレー
第2シード:N・ジョコビッチ
第3シード:R・フェデラー
第4シード:R・ナダル
第5シード:S・ワウリンカ
第6シード:M・ラオニッチ(カナダ)
第7シード:M・チリッチ(クロアチア)
第8シード:D・ティーム(オーストリア)
第9シード:錦織圭
第10シード:A・ズベレフ(ドイツ)
第11シード:T・ベルディヒ(チェコ共和国)
第12シード:JW・ツォンガ(フランス)
第13シード:G・ディミトロフ(ブルガリア)
第14シード:L・プイユ(フランス)
第15シード:G・モンフィス(フランス)
第16シード:G・ミュラー(ルクセンブルグ)
第17シード:J・ソック(アメリカ)
第18シード:R・バウティスタ=アグ(スペイン)
第19シード:F・ロペス(スペイン)
第20シード:N・キリオス(オーストラリア)
第21シード:I・カルロビッチ(クロアチア)
第22シード:R・ガスケ(フランス)
第23シード:J・イズナー(アメリカ)
第24シード:S・クエリー(アメリカ)
第25シード:A・ラモス=ヴィノラス(スペイン)
第26シード:S・ジョンソン(アメリカ)
第27シード:P・クエバス(ウルグアイ)
第28シード:M・ズベレフ(ドイツ)
第29シード:F・フォニーニ(イタリア)
第30シード:J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)
第31シード:K・カチャノフ(ロシア)

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする