最終戦 錦織は1つ下げて13位に、前週Vフェデラーはナダルとの差縮める<男子テニス>(tennis365.net)

男子テニスツアーのATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)の出場をかけた「RACE TO LONDON」(最終戦出場ランキング)が26日に発表され、錦織圭は前回から1つ下げて13位となった。

【キリオス 棄権の錦織を擁護】

11月12日から開幕のATPワールドツアー・ファイナルズは、シーズンの大会獲得ポイント上位8名が出場することが出来る。

27歳の錦織は、今季芝初戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)に第3シードで出場したが、21歳のK・カチャノフ(ロシア)との2回戦を臀部の痛みにより途中棄権していた。

また、ゲリー・ウェバー・オープンで2年ぶり9度目の優勝を飾ったR・フェデラー(スイス)は500ポイント加算され、1位R・ナダル(スペイン)との差を縮めた

6月26日付の最終戦出場ランキングは以下の通り。

1位[ – ]:R・ナダル 6,915ポイント

2位[ – ]:R・フェデラー 4,545ポイント

3位[ – ]:D・ティーム(オーストリア) 3,165ポイント

4位[ – ]:S・ワウリンカ(スイス) 3,140ポイント

5位[ – ]:A・ズベレフ(ドイツ) 2,530ポイント

6位[ – ]:N・ジョコビッチ(セルビア) 1,975ポイント

7位[ – ]:A・マレー(英国) 1,930ポイント

8位[ – ]:D・ゴファン(ベルギー) 1,820ポイント

==================

9位[ +2 ]:G・ディミトロフ(ブルガリア) 1,745ポイント

10位[ -1 ]:P・カレノ=ブスタ(スペイン) 1,740ポイント

11位[ +3 ]:M・チリッチ(クロアチア) 1,705ポイント

12位[ -2 ]:JW・ツォンガ(フランス) 1,615ポイント

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする