東電強制起訴初公判 強制起訴、無罪相次ぐ(産経新聞)

平成21年の制度導入以降、強制起訴された被告は9件13人に上る。東京電力旧経営陣3人を除く8件10人の判決はすでに確定しているが、有罪となったのは2件2人にとどまる。

 東電旧経営陣と同様に過失が争われたケースとしては、兵庫県明石市の歩道橋事故で兵庫県警明石署の元副署長が業務上過失致死傷罪に問われたが、時効成立を認め、裁判を打ち切る「免訴」判決が最高裁で確定。今年6月には、尼崎市のJR福知山線脱線事故で同罪に問われたJR西日本の歴代3社長も、起訴から7年を経て無罪が確定した。

 検察官と検審の有罪率に大きな開きがあるのは、起訴基準が異なるためだ。検察官は有罪が見込める場合にのみ起訴する傾向にあるのに対し、自由党の小沢一郎代表(無罪確定)を起訴すべきだとした検審の議決は、強制起訴制度を「公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度」と表現した。

 司法制度改革に携わった国学院大法科大学院の四宮啓教授は強制起訴制度の趣旨を「これまで検察が独占していた起訴の判断に、国民の意見を取り入れようとするもの」と説明する。

いま、話題になっている・・・
携帯水素水ボトル MEDI WATER/オレンジをご存知ですか?

その効果についてもですが、
ココロとカラダ(有)さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする