総選挙も新鮮味なし…“大企業病”に陥るAKB48への処方箋(日刊ゲンダイDIGITAL)

「AKBもそろそろ末路だろ?」とビートたけしは言い、ほとんどのメディアも同じ論調だ。先の選抜総選挙も、須藤凜々花(20)の突然の「結婚宣言」で荒れたが、それによって話題になったのだから、関係者は結果オーライではないか。

 指原莉乃(24)の3連覇、はたまた渡辺麻友(23)の卒業発表に、世間の耳目を集めるほどのインパクトはなかった。山本彩(23)に柏木由紀(25)と、人気のメンバーは出馬を辞退していたし、総選挙の開催自体が危ぶまれていたのも事実。来年が節目の10回目となるAKB48選抜総選挙。国民的アイドルグループに成長したAKBも過渡期にあり、存続を危ぶむ声も少なくない。

■“社外”からヘッドハンティングのアイデア

「AKB48を大きく急成長した会社になぞらえると、次の一手が見えてくるような気がします」とイラストレーターで芸能コラムニスト、おおしまりえ氏はこう言う。

「今のAKB48は巨大企業そのものです。国内のみならず海外にまで姉妹グループがあり、どれもそこそこ人気の一方、全体的に新鮮さとか勢いはありません。喫緊の課題は緩やかな下降を止め、グループとしてのブランドと価値を守ること。そんな中、思いつく戦略のひとつは、社外からの凄腕ヘッドハンティングです。AKBは常に純粋なオーディションでメンバーを選定していますが、大企業が安定したときに必要なのは、それまでとは全く違う血、優秀な社外の人材を取り入れることです。AKBなら、たとえば他のアイドルグループのメンバーや、すでにカリスマ的人気の踊り手やコスプレーヤーなどから、電撃的にメンバーを加入させる。話題性もあるし、秋元康さんならすでに考えているかも知れません」

 では、グループの“レーゾンデートル”ともいえる総選挙はどうなるのか。

「なんだかんだ言っても、今回、過去最高の得票数ではあったので、盛り上がりに欠けても来年は行うとは思います。ただし、世間の関心や注目度をもう一度上げなければならないので、今までと同じではしょうがない。たとえば団体戦になることも、ひとつ考えられるのかなと思っています。チームごとにドキュメンタリーにして、社会とリンクさせたり、どれだけ輝いているかなどを指標としていく。自分たちでチームを結成するなど、上位に入ったら、正式にユニットとしてデビューするとか。まゆゆのように真面目にコツコツ努力を重ねてマイペースに光り輝く人よりも、その場の瞬発力でソツなく対応できる人の方が重宝されがちですが、そうじゃないんだよというようなメッセージを発信すれば伝わるし、ついつい見ちゃうと思います」(同前)

 結婚宣言のような“飛び道具”は何度も使えるわけではない。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする