妄キャリV、助っ人河野劇的弾 アイドルフットサル(日刊スポーツ)

アイドル対抗フットサル「バロンiドール杯」が行われ、妄想キャリブレーション(妄キャリ)がアイドル4チームによるトーナメントを制した。決勝戦では、助っ人として妄キャリに参加しているソロシンガーの河野万里奈(27)のロスタイム弾で劇的な勝利を飾った。

【写真】勇敢な守備を見せた妄キャリのゴレイロ星野

 大会は1月に開幕し、毎月「フットサル部門」「テレビゲーム部門」の二部門が開催されている。妄キャリは、総合成績で首位をキープした。

 この日は「強化合宿」として、ファンとの合同練習、ミーティングなどの1泊2日のイベント内でトーナメントが行われた。河野は「ファンの皆さん同士の試合で参考になるプレーがたくさんありました。妄キャリファンの皆さんからは、助っ人の私にたくさんの声援やアドバイスをいただいていました。活躍できたのは皆さんのおかげ」と笑顔を見せた。一方、前節、前々節のトーナメントを制していたが決勝で敗れた虹のコンキスタドールは、「こんなに悔しいと思わなかった」といつまでも涙がとまらなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする