明暗分かれたイ・ボミとキム・ハヌルの前半戦 それぞれの要因は?【辻にぃ見聞】(ゴルフ情報ALBA.Net)

「アース・モンダミンカップ」で前半戦が終了し、1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。様々なことが起こった開幕からの4か月を上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が振り返る。

【関連写真】お忍び!?でPGAツアーを観戦するイ・ボミ

■前半戦最大の衝撃・賞金女王の不振 原因はクラブが減速してインパクトを迎えること
前半戦の最大のトピックは何といっても一昨年、去年と2年連続の賞金女王イ・ボミ(韓国)の不振だろう。賞金ランクは18位。スタッツを見てもパーセーブ率は約6%下がり、トップ10に入る確率は100%から約23%と急降下した。この結果を辻村氏は正確無比なショットは鳴りを潜めたことが原因とみる。

「開幕からのスイング調整がうまくいっていなかったように感じます。ボミさんは元々パワーで打つタイプではなくミート率の良さでクラブを巧く使うタイプで、凄みはゆっくり振ってるのに飛距離が出るところ。それが今は飛んでない。今まではそういったときの修正が上手くできていましたが、今年は苦しんでいる印象です。原因はクラブが減速してインパクトを迎えること。去年までは力が上手く抜けていて、スパンとスイングスピードが上がりながらボールを捉えていましたから(辻村氏)」

減速して当たる原因は上体への意識だと続ける。「クラブの入り方など上半身の動きを意識しているため、余計な力が入っています。ですが、この辺りがゴルフの難しいところ。上体の動きを考えるな、というわけじゃありませんから。意識は上より下、外より内とシンプルにした方が良いと思います。上半身よりも下半身を意識する方法としては2つあります。1つは上の力を抜くこと。もう1つが下半身の動きに対してもっとしっかりと意識すること。下に意識を持ってくれば、状態の力は勝手に抜けてくるはずです」

ボミは「ニッポンハムレディス」にエントリーしていないため、2週間のオープンウィークとなる。「言わずもがな、ですがここで修正できるかどうかが後半戦のカギとなります。今の成績ならある程度吹っ切れてこないとダメ。前半戦はラウンド中にスイングチェックする場面が目立っていました。そういうのはやっぱり練習場でするもの。しっかりと調整して、コースではスコアと戦えるようになってくれば成績も変わってくると思います」

■賞金ランク1位で折り返し キム・ハヌルはパッティングが変わった!
一方そんな苦しむボミとは対照的に賞金ランク1位で前半戦を折り返したのはキム・ハヌル(韓国)。昨年の前半戦では首位で最終日を迎えながらも勝ちきれない場面が目立ったが、今季は前半戦だけで3勝をマーク。昨年から続くメジャー連勝を決めるなど手を付けられない状態だ。

「去年から大きく変わったのはパッティングでしょう。ショットは去年も調子良かったですからね。昨年末からパターをセンターシャフトにしたことに加えて、長い距離は順手と短い距離はクロスハンドと握り方を変えたことが大きく影響していると思います。長いパットっていうのはある程度心地よく動かないといけないので、右手を下にしてフォローで右手が大きく出るようにしています。逆に短いパットはヘッドの上りが早くなるのを防ぐために、左手を下にしてアッパーにならずフォローが低く長く動くようにしている。グリップの特徴をしっかりと理解したうえで、自分のパッティングに上手く活かしています」

ハヌル本人が『去年と一番変わった』というパッティングのリズムについては「リズムとストロークが一定になったことで去年までに見られたパンチが入る場面が無くなりました。パターを動かすテンポというのは、ボールの転がるスピードと合うということだから、たとえ入らなくてもカップ周りにボールがある。だから、明らかに3パットが減っている。リズムが一定になったのは、去年したという猛特訓はもちろん、自信があるからだと思います。早い段階で優勝できたことで心に余裕が持てたことも、ストロークが途中で速くならない要因の1つだと思います」

いよいよ視界に入ってきた日本のマネークイーンの座。辻村氏も太鼓判を押す。「パターに加えてショットも良い。彼女はねじれの少ない高い球を打てるから、上から攻められる。オフに取り組んできた“バンカー叩き”が生きていると言えるでしょう。ウェッジを砂に振り下ろすという練習で、これによりきちっとしたクラブの入れ方、そして硬い面を捉える力が昨年以上に身に付いています。最近の芝は特に硬いのですが、その硬い芝でも芝の下にヘッドを入れることができています。これが“ハイボールの肝”なのです。ボールをポイントで落としていける。だからメジャーのセッティングでも戦えるのです」。アイアンの精度の高さはパー3の平均スコア1位に如実に表れている。

「もう去年までの優勝争い中にバタバタしていたハヌルさんはもういません。今はそういった状況でも慌てず冷静にマネジメントしている。また、勝った翌週にしっかりと結果を出しているのも成長だと思います。彼女はシンプルな思考法だから好調が続きます。不調の状態が少ない」。大きく変わったパッティング、より精度が増したショット。そしてメンタル面。この調子を継続できれば韓国に続く2か国目の女王が見えてくる。

解説・辻村明志(つじむら・はるゆき)/1975年9月27日生まれ、福岡県出身。ツアープレーヤーとしてチャレンジツアー最高位2位などの成績を残し、2001年のアジアツアーQTでは3位に入り、翌年のアジアツアーにフル参戦した。コーチ転身後はツアー帯同コーチとして上田桃子らを指導。上田の出場試合に帯同、様々な女子プロのスイングの特徴を分析し、コーチングに活かしている。プロゴルファーの辻村明須香は実妹。ツアー会場の愛称は“おにぃ”。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする