時速114キロ信号無視 女子中学生を死なせた男に懲役9年(産経新聞)

茨城県ひたちなか市で平成27年9月、信号を無視して中学2年の根目沢瑠花さん=当時(14)=を乗用車ではねて死亡させたとして、危険運転致死などの罪に問われた千葉県匝瑳市の無職、小泉一也被告(29)の裁判員裁判の判決公判が4日、水戸地裁で開かれた。小笠原義泰裁判長は「無謀で非常に危険な運転だ。被害者に落ち度はない」として小泉被告に懲役9年(求刑懲役10年)を言い渡した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする