大阪で100年の実り継ぐ…ブドウ農家の4代目、オーナー制度で新しい農園づくり(産経新聞)

かつては生産量全国1位で、今も大阪府を代表するブドウを広めようと、同府柏原市で100年以上続くブドウ農家の4代目・奥野成樹さん(30)が、「オーナー制度」を活用した新しい農園づくりを進めている。オーナー自身が木の持ち主になり、苗木植樹をはじめ共に農園をつくる取り組みで、奥野さんは「少しでも大阪・柏原のブドウの良さを知ってほしい」と抱負を語る。

 奥野さんの実家「葡萄(ぶどう)のカネオク」は、明治36(1903)年創業のブドウ農家。現在は父の正(まさし)さん(62)が経営し、4代目となる奥野さんは大学卒業後、東北で会社員として働いていたが「曽祖父から始まったブドウ農園を絶やすわけにはいかない」との一心から平成27年秋に退職し、郷里で農家として生きる道を選んだ。

 胸にあったのは「柏原のブドウの良さをもっと広めたい」との思い。東北での会社員時代には、同僚から「大阪でブドウって栽培しているの?」と言われたこともあったという。現在は山梨県や長野県などが主な生産地だが、大阪府によると、昭和初期のブドウ生産量は大阪府が全国1位で、中でも柏原市は隣の羽曳野市とともに牽引(けんいん)役ともいえる存在だった。

 今でも府内では主要産地だが、耕作放棄地が広がるなどかつての勢いはない。そうした現状を踏まえつつ、奥野さんは消費者がブドウの木の持ち主になってもらう「オーナー制度」に着目した。インターネットで小口の出資者を募るクラウドファンディング方式で、オーナー募集を進めている。持ち主になることで、ブドウ詰め合わせなどの生産物を受け取ることができる以外に苗木の植樹や木を支える「垣根」づくりなども体験してもらう。

 「一緒に農園をつくっていくことに面白さがあると思います」と奥野さん。さらに、地元で100年以上続くワイナリー「カタシモワインフード」(同府柏原市)の委託醸造で、4年後を目標に、農園で取れたブドウを使ったワインの完成を目指すという。

 奥野さんは約1アールの耕作放棄地の草刈りや整地といった準備を進めており、来年3月末までにオーナー制度による植樹を進める計画だ。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする