東山紀之はテレ朝に キャスター全局制覇を狙うジャニーズ(日刊ゲンダイDIGITAL)

今度は東山紀之(50)である。10月からテレビ朝日系で日曜朝にスタートする新番組「サンデーLIVE」のキャスターに就任することが明らかになった。テレビをつければ、NHK「あさイチ」の井ノ原快彦(41)、日テレ系「NEWS ZERO」の桜井翔(35)、「news every.」の小山慶一郎(33)など報道・情報番組を席巻する勢いのジャニーズ事務所のタレントたち。関係者を取材すると、この裏に周到な戦略が見えてきた。

「キャスターで全局制覇という目標がもう何年も前からジャニーズ幹部の念頭にあります。報道であれ情報バラエティーであれ、全局の報道・情報番組に自分のところのタレントを入れたあとは、曜日ごとに違うタレントを入れたりして、全タレントを使ってしまおうとまで計画している。理由はもちろん、オイシイ仕事だからです。ギャラはそう高くはないのですが、レギュラーでの露出によって、彼らの言葉で言うところの『出てます感』が生まれる。ユニットの宣伝になるし、知名度や好感度も上がってCMなどにもつながります。評判が良ければ、長く続けられるし、ドラマや映画、舞台などに比べて拘束時間も少なく、代役を立てて休暇を取ることもできる。キャスターの仕事は嵐の桜井のように学歴があって頭が良ければそれなりのコメントをするし、頭は並レベルでも素人目線に立てば何とかごまかせるという考えのようです」(芸能関係者)

 歌番組は減る一方だし、CDも昔ほどは売れないなか、アイドルの新たな売り込み先としてキャスターに目を付けていたのは、さすが抜け目がないジャニーズ商法というべきか。だが、一体どうやってテレビ局のキャスティングを牛耳っているのか。

「たとえば今回の東山なら、テレ朝で7月クールのドラマ『刑事7人』への出演が決まっている。ドラマ露出で新番組の視聴率への好影響が見込めるとか言って持ち掛けたのではないか。得意のバーターですよ。ジャニーズのキャスター業に先鞭をつけたのは中居正広あたりでしょうか。1本当たれば、2本目、3本目と増やし、中居が人気になれば、次はNEWSの誰々を出しますと、別のタレントを売り込んでいく。ある程度のところまでいったら何かあったときに『中居、引きますよ』などと圧力をかけることもできる。そうやって勢力を拡大した結果が、いまの全局制覇なのです」(民放プロデューサー)

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする