「裁判官が調書に虚偽」 大阪高裁 地裁へ審理差し戻し(産経新聞)

大阪地裁岸和田支部の男性書記官が作成した調書に誤りがあったかどうかが争われた自動車運転処罰法違反(過失傷害)事件の控訴審判決公判が6日、大阪高裁で開かれた。福崎伸一郎裁判長は調書について、支部の担当裁判官による虚偽記載の可能性があると言及。「違法な行為であり、審理の公平性に疑問を抱かせる」と述べ、被告を禁錮1年4月、執行猶予3年とした1審の同支部判決を破棄、審理を同地裁に差し戻した。

 問題となった1審の調書では、被害者参加制度を利用した事故の被害者家族が「被告に質問したい」と申し出た際、検察側が刑事訴訟法の規定に従って「許可相当」と意見を述べた、と記されていた。

 弁護側は「検察官は意見を述べていなかった」と異議を申し立てたが、担当の大崎良信裁判官は「検察官から意見が明確に述べられ、裁判官と書記官が確認した」との見解を示し、書記官がこの内容を異議申立調書としてまとめていた。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする