錦織撃破で16強「嬉しい」 勝利の瞬間は喜び爆発<男子テニス>(tennis365.net)

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は7日、男子シングルス3回戦が行われ、第9シードの錦織圭を6-4, 7-6 (7-3), 3-6, 6-3で破った第18シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)は、試合後に自身のツイッターで「4回戦へ勝ち進めることができて嬉しい」とベスト16進出の喜びを綴った。

【錦織、途中棄権続出に言及】

この日、バウティスタ=アグは炎天下の中で第1・第2セットを連取したが、第3セットは錦織に反撃され54分で落とす。第4セットは第1ゲームでブレークを許すも、第4ゲームでブレークバックすると息を吹き返し、終盤は錦織のダブルフォルトにも助けられ3時間21分で試合に終止符を打った。

勝利の瞬間、バウティスタ=アグは喜びを爆発させ、2年ぶり2度目のウィンブルドン16強入りをかみしめた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする