先輩の成り上がりぶりも暴露 だーりんず“極狭生活”を語る(日刊ゲンダイDIGITAL)

「キングオブコント2016」(TBS系)の決勝に出場した実力派のお笑いコンビ・だーりんず。同じ事務所に所属する売れっ子芸人と肩を並べたいと頑張っているが……。

 ◇  ◇  ◇

小田 以前所属してた事務所を辞めて、ソニーがお笑いの事務所を立ち上げると聞いて入ったのが13年くらい前。そこで松本と出会った。お互い解散してピン芸人やってた時に、たまたまバイトが一緒になって。

松本 駅前の駐輪場のメンテナンスっす。自転車を止める部分やお金を入れるとこが壊れてないか調べる地味な仕事。終電が来て自転車がなくなってから始めて、始発までやる。5時間で1万円稼げたから「時給はキャバ嬢くらいだ」と思ってた。必然的に小田と一緒にいる時間が長くて、話してるうちにコンビを組むことになった。そのころ僕は芸人仲間と、中野の家賃5万の古アパートに住んでた。

小田 相方のその部屋で酒飲んだ夜にシャワーを借りたら、すっごい狭い風呂場で、壁からホースが出てるだけ! 洗車みたいに体を洗うという。

松本 それがイヤだからホースの先にアルミ箔を巻いてつまようじ刺して穴をあけて、シャワーのようにお湯を出しました(笑い)。その部屋にはネズミが出た。駆除のエサをまいたら、屋根裏でネズミが死んだらしくハエが異常発生して。思い出しただけで鳥肌が。

■ブレーク前のバイきんぐ・小峠の弁当は?

小田 僕は彼女の練馬のマンションに住んでいたけど、約束の家賃も入れないし、夜中になっても帰らないしで、彼女から「出てけ!」と言われた。でも、部屋を借りる金なくて……。

松本 1カ月間ホームレスやってたよね?

小田 ハハハ。事務所が持ってる小劇場に泊まったり、後輩芸人のアパートに泊まったりとその日暮らし。荷物は後輩芸人の部屋に置いてた。その点、ソニーは芸人が大勢いたから助かりましたけど。ソニー芸人ではバイきんぐの小峠さんにかわいがってもらってますけど、僕が肉のルート配送をしていた時期、ブレーク前の小峠さんが書類か何かのルート配送をしてらして、渋谷あたりで偶然会うんです。小峠さんは節約のための手作り弁当をいつも持ってた。中を見せてもらったら、白飯と茹でたブロッコリーだけ(笑い)。「予算と健康を考えたらどうしてもコレになるんだ」と言ってました。だから今、恵比寿とかのシャレた焼き肉屋に連れてってもらうと、「この人、毎日ブロッコリー食ってたのになぁ」と思いますよ。

松本 ハリウッドザコシショウさんは去年「R―1ぐらんぷり」で優勝してからメシおごってくれる時に、クレジットカードで払っていて、「カッコいいなぁ」と思いましたよ。店は魚民ですけどね。

小田 十分だろ!

松本 バイきんぐの西村さんのすごい車にも乗せてもらいました。自転車買うのにあれだけ悩んでた人なのに。バイきんぐさんもザコシさんもアキラ100%さんも同じライブに出てたし、貧乏を見てきたのでお金持ちになってる姿を見ると「すげえなぁ!」と思います。

小田 先輩たちみたいにブレークしたいです! 昨年は「キングオブコント」に出たし、少しずつ仕事が入るようになった。

松本 今は後輩と6万円の部屋に住んでます。バイトは水道メーターの針を見る仕事。昔と大して変わってない!(笑い)

◇小田祐一郎 1977年3月、鹿児島県生まれ。ボケ担当。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする