【WITB】新シャフトも新ヘッドも低スピン、チャン・キムがさらに飛距離アップ(ゴルフ情報ALBA.Net)

「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 2017」は、チャン・キム(米国)が最終日に6バーディ(ノーボギー)と爆発。賞金ランク2位に浮上し「飛ぶだけでなく、優勝する力を証明できたという意味でこの2勝目は意義深い」と胸を張った。

キムのセッティング、ドライバーとフェアウェイウッドは未発表モデル

先月は初メジャーとなる「全米オープン」で予選落ちするものの、米ツアーの飛ばし屋と飛距離は引けを取らないとの収穫を得たという。常に弾道計測器で打ち出し角やスピン量をチェックしており、それらのデータ的な裏付けもある。言葉どおり、今大会の平均飛距離は319.88ヤードでダントツの1位だった。

背景には「全米オープン」から投入した新ドライバーの存在がある。PING『G400LST』は「ボールにかかる圧力が違う。前作よりランチアングルが高く、ロースピンになって理想の数値が得られた。飛んで曲がらないから今回の試合ではドライバーで攻めることが出来た」と語り、言葉どおり最終18番でも340ヤードかっ飛ばしていた。また、『G400LST』への変更によってシャフトも米国フジクラの『ATMOS TOUR SPEC BLUE 7X』に変更したという。

「全米オープンで新ヘッドをテストするときに、日本で使用していた『Speeder 757TR-TX(日本ツアー限定未発売品)』が現地に無かったから代わりに挿した。『Speeder TR』も同じで、本当に左に行きづらい。飛距離性能は申し分ないし、操作性も優れているね」(チャン・キム)

フジクラのツアー担当者によれば、スピン量の少ないPING『G400LST』に、元調子で先端の硬いシャフトの効果でさらにスピン量が減ったという。それによってテスト時はトラックマンの計測データでキャリー330ヤードを記録。驚くことに、この数字を43インチの短尺ドライバーで叩き出しているのだとか。

飛距離ばかりが注目されがちだが、実は小技も巧く、ボールリフティングが得意で器用なタイプ。本人も「飛ぶだけじゃないことを証明できた」と語るものの、ここまで規格外の飛ばしを目の当たりにすると、否が応でも目がいってしまう。

【C・キムのクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:PING G400LST
(8.5°、米国フジクラATMOS TOUR SPEC BLUE 7X、43インチ)
3W:PING G400(14.5°)
2I~PW:PING iブレード
A,SW:タイトリスト ボーケイSM6 (54,60°)
PT:PING SIGMA-G ANSER
BALL:タイトリスト Pro V1x

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする