籠池氏、寄付金受け取り後昭恵夫人とステーキ食べた(日刊スポーツ)

安倍政権を揺るがす「もり・かけ」問題のキーマンが10日、証言に立った。森友学園の籠池泰典前理事長は、大阪府議会で参考人質疑に出席した。

【写真】首相の演説を訪れ、1万円札の札束を見せる籠池氏

 大阪府議会で実施された参考人質疑。籠池氏が国会の証人喚問などでは語らなかった詳細について、次々に「暴露」した。15年9月に安倍昭恵氏から100万円の寄付を受け取った後、「午前の講演が終わり、すぐ近くにありますレストラン『シャドー』に行きました。ビーフステーキを一緒にいただきました。昭恵夫人も食された」。昭恵夫人はフェイスブックで100万円の寄付を否定しているが、籠池氏は当日、昭恵氏に開校を目指す小学校の名誉校長就任を要請すると「1秒おいて、快諾された」と明かした。

 籠池氏は転機も語った。第1次安倍政権の06年12月、改正教育基本法が成立。「改正後、愛国心などが教育現場に持ち込まれるようになった。愛国教育の先駆けになろうと改正後の内容を忖度(そんたく)し、改めて愛国教育の充実に努めました」と振り返った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする