前川氏「『総理のご意向』に疑問残る」一問一答(日刊スポーツ)

学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、10日、衆参両院の閉会中審議に出席した文科省の前川喜平・前事務次官は、審議終了後、国会内で報道陣の取材に応じた。主なやりとりは、次の通り。

【写真】日本記者クラブで会見する文科省の前川前事務次官

 ◆   ◆  ◆

 -前川さんは「行政がゆがめられた」と主張してきた。きょうの政府側の答弁はどうだったか

 前川氏 やはり不十分だと私は思います。特に、内閣府、内閣官房側のご答弁は、十分な答えになっていなかったのではないか。

 -具体的には、どういうところが足りなかった

 前川氏 なぜ加計学園に決まったのかについて、十分な説明がないのではないか。閣議決定の4条件を満たしているかどうかについても、「満たしている」という結論だけの話。文科省の主張としては、満たしていないと主張しているわけだから、そこの議論が不十分だったということは認めてもらわないといけない。

 加計学園に最終的に決まるようにしていた経緯も、十分明らかになっていない。「18年4月開学」に徹頭徹尾こだわっていたのはなぜか。その辺が十分解明されていない。「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」がどう関係してくるのか、疑問として残っている

 -総理は外遊中で、出席していなかった。今後、総理の説明は必要か

 前川氏 私は、総理が率先して事実関係を解明してくださることを期待している。文科省の文書に関しては、徹底して調査するようというご指示があったのだから、同じように内閣府、内閣官房にも徹底した調査をするよう指示をいただくなり、第三者的な組織を設けて調査させるなり、総理であれば、できるのではないか。

 -今後は、どう今回の問題に関わっていくのか

 前川氏 私が知っている限りのことは申し上げた。これ以上、公式の場で申し上げてプラスになることがあるかといえば、疑問だ。しかし、衆院の審議で「あらためて証人喚問があれば受けるか」という質問があったので、お話しする内容は繰り返しになるかもしれないが、証人喚問であらためて説明せよというなら、お受けする用意はある。

 -「事務次官を3月までやりたい」と前川さんが述べたとする(菅義偉官房長官の)発言は、(菅氏に伝えたとされる)杉田和博官房副長官が、誤解する余地はあったのか

株式会社ファンジョイライフの不眠症からの脱出 体験談とネタバレがヤバいかも

株式会社ファンジョイライフさんの
不眠症からの脱出がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする