児童の成績一覧表など挟んだノート紛失…教室内に置き忘れ 大阪(産経新聞)

大阪市教育委員会は12日、市立小学校の20代男性教諭が教務必携(ノート)と児童の成績一覧表を紛失したと発表した。学校は保護者説明会で経緯を説明し陳謝した。

 市教委によると、教諭は5年生の担任で、6日の5時限目に教室でノートに学習の記録を記入。ノートを置いたまま教室を離れた。2時間半ほどたった午後5時ごろに教室に戻ったところ、ノートがないことに気付いたという。ノートにはクラス40人分の成績一覧表数枚が挟んであった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする