ヒアリ根絶に成功、ニュージーランドの専門家の意見も…外来生物の有識者会議設置 神戸市(産経新聞)

外来の毒アリ「ヒアリ」と「アカカミアリ」が神戸市中央区のコンテナヤードなど各地で相次いで見つかった問題を受け、同市は12日、専門家らによる有識者会議を8月上旬にも発足させることを明らかにした。久元喜造市長は定例会見で「専門家の知見を入れ、主に昆虫を中心に有害な外来生物への対応に力を入れていく」と話した。

 会議のメンバーは、市が6月22日に開いたヒアリ等防除対策会議にも参加していた国立環境研究所生物・生態系環境研究センターの五箇(ごか)公一室長のほか、有識者や環境省職員ら計10人前後で構成。ヒアリやアカカミアリを含めた外来生物が侵入した際の初期対応や、基本的な方針などについて検討する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする