気合いの3.5kg減量 青木瀬令奈流オープンウィークの使い方(ゴルフ情報ALBA.Net)

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 事前情報◇13日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,667ヤード・パー72)>

美女競演!青木瀬令奈のプロアマLIVE写真はこちらから!

サマンサタバサと契約を結ぶ5人のプロのうち、今季唯一勝利を挙げている青木瀬令奈。「優勝したことで、今年は去年以上にサマンサさんからも期待されてると思う。私も照準を合わせてきたので特に頑張りたい」と気合いを入れて臨む。

「ヨネックスレディス」で初優勝を挙げてから、緩むことなくすぐに2勝目を目指した青木。だが「アース・モンダミンカップ」で予選ラウンドを4位の好位置で突破したにも関わらず、終わってみれば20位と低迷。コーチである大西翔太と相談した結果、原因はメンタルの甘さという結論に至った。

大西からは「最後まで目標を達成するために、何かを死ぬ気でやってみろ」とのアドバイスをもらった。またトレーナーからスイング、体力面を考えてもう少し体重を落としたほうが良いと言われていたこともあり、青木は「オープンウィークで断食をせずに3.5kg落とす」と目標を立てた。

長距離のランニングや筋肉が固くならないトレーニング。そしてオニオンスライスやささみといった食生活に改善。また食事以外でも毎日2.5Lの水を飲むようにするなど徹底的に生活を見直した。それを予定の入っていた2日を除く5日間で実施。結果、月曜日に測定すると目標通り3.5kg落とすことに成功。この体験が、減らした数字以上のものを青木にもたらす。

「1つ自分で目標を立てて達成できたことで“本気でやればできるじゃん”と思えたことはとても大きかったです。成功体験できたことで気持ち的に強くなれたと思うし、良く考えたら1週間頑張れたということは3~4日しかない試合だって死ぬ気で頑張れるじゃんとも思えました」

いきなり翌週に効果が表れた。後半戦初戦となる「ニッポンハムレディス」で初日67位と出遅れたが、「とにかく日曜日までプレーしたい」と最後まであきらめなかった結果、18番でバーディを奪い予選突破。もしパー以下なら予選落ちとなっていた。「1日試合できるかどうかで全然違う。とても大きかった」。

当初は3.5kg落としたことで、スイングに良い影響・悪い影響共に出てきていたが、「1週間練習、試合をしてある程度アジャストできた」と不安はない。「優勝して“お疲れサマンサタバサ!”と言いたいですね(笑)」。一番優勝したい大会に向けて、青木の精神面は今、最高の状態にある。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする