加計審議、再来週に 首相出席、参院でも開催へ(産経新聞)

自民党と民進党は14日、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐって安倍晋三首相が出席する衆院予算委員会の集中審議について、24日の週に開催する方向で調整に入った。参院でも両党の参院国対委員長が14日に電話で会談し、同じ週に首相出席の予算委集中審議を開催することで一致した。

                   ◇

 集中審議の開催をめぐっては、質疑時間の配分が大きな争点となってきた。

 自民党の小此木八郎国対委員長代理は14日、民進党の笠浩史国対委員長代理と国会内で会談した。笠氏は国会運営の慣例に合わせて「与党2割、野党8割」の配分を要求し、小此木氏は今回に限り与野党均等とするよう求めた。

 小此木氏が均等配分を求めるのは、野党が文部科学省作成の文書に「総理のご意向」などの文言があったのを盾に、首相と加計学園との関係をことさら強調する印象操作狙いの質問に終始すると恐れているからだ。首相が国家戦略特区の意義などを説明するためにも与党の質問時間を十分に確保したい狙いがある。

 別の自民党国対幹部は「野党に長々と印象操作のような質問ばかりされ、首相が冷静さを失わなければいいが…」と心配する。

 竹下亘国対委員長も13日、民進党の山井和則国対委員長との電話会談で、質疑時間について「(均等配分を)受けるか、受けないかだ。交渉の余地はない」と述べ、応じられなければ予算委を開催しないとの意向を伝えていた。

 山井氏は14日の小此木、笠両氏の会談で質疑時間の問題が決着しなかったことについて、記者団に「『野党の質問時間を削って与党にください』というのは筋違いだ」と反発した。18日に竹下氏との会談で再協議する。参院の集中審議は衆院の開催後に行われる見通しだ。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする