愛知・岐阜で記録的大雨 1時間120ミリ、川氾濫 「線状降水帯」また発生(産経新聞)

梅雨前線や湿った空気の影響で愛知県や岐阜県では14日、大雨が降り、愛知県犬山市や小牧市では午前10時40分までの1時間にレーダー解析で120ミリの降水を観測した。犬山市は、土砂災害の恐れがあるとして同市全域に避難指示を出した。対象は約3万世帯、約7万4千人で、市内45カ所に避難所を開設した。同県北部を流れる五条川と合瀬川などが氾濫したが、人的被害は確認されていない。

                   ◇

 気象庁は、雨が多かった地域に大雨警報や洪水警報を発令、記録的短時間大雨情報や土砂災害警戒情報を出した。

 愛知、岐阜両県で14日に大雨を降らせた要因は、紀伊半島の南海上で2つの暖かく湿った風がぶつかり合うことで上昇気流となり、積乱雲が列のように並ぶ「線状降水帯」が発生したこととみられる。線状降水帯は九州北部を襲った5日の豪雨でもみられ、被害が拡大する要因となっていた。

 気象庁によると、14日午前9時ごろには四国沖の高気圧の縁を回る風で暖かく湿った空気が西から流入。一方、関東の南海上の熱帯低気圧によって暖かく湿った風が東から流れ込み、2つの風は紀伊半島沖でぶつかり合った。2つの風は上昇気流となり、積乱雲が次々と発達。同じ場所で積乱雲が発達し続けることで線状降水帯が形成され、東海地方まで到達したという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする