豪州国立公文書館が戦前の日系企業の資料などを国立公文書館に寄贈へ 家族写真なども(産経新聞)

山本幸三地方創生担当相は18日、オーストラリア国立公文書館(NAA)から、戦前に現地で活動していた日系企業の資料など文書箱約3300個分が国立公文書館(東京・北の丸公園)に寄贈されると発表した。資料は日系企業の現地での活動や社員の家族に関する記録で、当時の日系社会の様子などをうかがい知ることができるという。

 資料は、戦前に現地で活動していた横浜正金銀行(現・東京三菱UFJ銀行)や三菱商事など12社の記録で、明治32(1899)年から昭和16(1941)年に作成された。会社の帳簿だけでなく、社員の家族写真なども含まれている。先の大戦に伴い豪政府が接収した。

 国立公文書館によると、外国の政府機関より資料が寄贈されるのは今回が初めて。資料はNAAシドニー分館で保管・公開されてきたが、終戦70年を迎えた平成27年、日豪両政府の交流の一環としてNAA側から寄贈の申し入れがあった。

いま、話題になっている・・・
TV放映で話題沸騰中!水素スパH-Potをご存知ですか?

その効果についてもですが、
竹中 慎哉さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする