区割り法案 参院特別委で可決 9日に成立へ(産経新聞)

参院政治倫理・選挙制度特別委員会は7日午後、衆院選の「一票の格差」を是正する選挙区の区割り改定案を反映した公選法改正案を賛成多数で可決した。改正案は9日の参院本会議で採決され、成立する見通しだ。

 手続きが順調に進めば16日に公布され、周知期間後の7月16日にも新たな区割りが施行されるとみられる。施行日以降に公示される衆院選から新たな区割りが適用される。施行後には選挙区の定数は295から289になり、比例代表は180から176になる。定数計465は戦後最少の議席数となる。

 改正案は青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県の選挙区定数を各1減し、6県を含む19都道府県の97選挙区で区割りを見直す。比例代表の東北、北関東、近畿、九州の各ブロック定数もそれぞれ1減とする。平成32(2020)年の将来推計人口をもとにした「一票の格差」は最大で1・999倍となる。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする