池田小事件16年“最後の教諭”の責務 当時から唯一在籍続ける佐々木靖校長(産経新聞)

平成13年に児童8人が犠牲となった大阪教育大付属池田小事件で、今春、当時を知る教諭は校内で佐々木靖校長(55)ただ一人となった。児童も事件後に生まれた世代だ。記憶を風化させず、子供たちにどう教訓を伝えていくのか-。発生から8日で16年。佐々木校長は、自らが背負う責務を感じながら「あの日」を迎える。(猿渡友希)

 当時、5年生の担任だった。体育の授業を終えた午前10時過ぎ、児童らが泣きながら運動場へ走ってきた。「包丁!」「おっちゃん!」。ただ事でないと感じ、倉庫にあった金属バットを手に取った。校舎へ向かうと、児童2人が血を流して倒れていた。1人はすでに意識がなかった。

 救急車で次々と搬送される児童、周囲を飛ぶ何台もの報道関係のヘリコプター…。安全なはずだった学校で起きた凄惨(せいさん)な事件は、現実の出来事とは思えなかった。以来、あの日を思い出さない日はない。

 事件後、校舎は改築され、防犯カメラの設置や警備員も常駐された。ただ、「子供たちを守るという強い思いが先生になければだめだ」との考えから安全教育に力を入れてきた。

 不審者への対応訓練を年に複数回実施し、訓練用のDVDも作った。DVDは他校にも配っている。副校長当時の21年度には、全国で初めて「安全科」の授業を設けた。

 あの日が近づくと、新任教諭とともに遺族宅を訪問している。仏壇に置かれた生前の児童の写真を見て遺族と直接話すことで、何かを感じ取ってくれていると思っている。

 今春の異動に伴い、事件を直接経験した教諭は自分だけとなった。あの日を知る“最後の一人”となり、最近は「事件の記憶や教訓を風化させないとは、どういうことなのか」を考えるようになった。

 今月5日、朝礼で全校児童らを前に事件について話した。亡くなった児童8人の写真が校長室に飾られていることを教え、「いつでも写真を見に来ていいよ」と伝えた。休み時間に早速、児童数人が校長室に姿を見せた。

竹下 洋の健康になろう! 体験談とネタバレがヤバいかも

竹下 洋さんの
健康になろう!がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする