石井国交相、留任固まる 公明・山口代表きょう要請(産経新聞)

安倍晋三首相が8月3日に断行する内閣改造で、公明党の石井啓一国土交通相が留任することが26日、固まった。同党の山口那津男代表は、27日の党常任役員会で改造人事の対応について一任を取り付けた後、同日中に首相に石井氏の続投を求める見通しで、首相も受け入れる方針だ。

 首相は21日、山口氏との与党党首会談で公明党からの入閣について同党の意向を踏まえて決断する考えを伝えていた。山口氏は会談で「今月中に党の要望をまとめたい」と応じ、会談後は石井氏について記者団に「極めて誠実に的確に仕事をしてきた」と評価していた。同党内にも石井氏の交代を求める声は出ていない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする