ジョコビッチ 長期休養で7年ぶり四大大会無冠「数カ月はラケットなしの生活」<男子テニス>(tennis365.net)

男子テニスで世界ランク4位のN・ジョコビッチ(セルビア)は26日に自身のフェイスブックで、右肘の負傷により長期休養を発表。今年は2010年以来7年ぶりとなる四大大会無冠のシーズンとなった。

【錦織 ジョコより自身に危機感】

「大きな決断を下した。2017年の残りの大会には出ない。前向きに捉えていこうと思う。人生に起こることには全て理由があるはず。休養の時間を家族のため、自分の回復のために使う。数カ月はラケットなしの生活になる。今後、数年間プレーを続けるための基盤を作るいい機会」

これまで圧倒的な強さを見せていたジョコビッチだが、今年は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)2回戦で姿を消すと、2連覇を狙った全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は準々決勝でストレート負け。

AEGON国際(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)では今季2勝目をあげたが、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は準々決勝で右肘の痛みにより途中棄権した。

四大大会で12度優勝している元世界ランク1位のジョコビッチは、8月28日からの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を含む2017年の全大会欠場を発表。2005年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)からの四大大会連続出場は51でストップした。

30歳のジョコビッチと同じように、怪我に苦しんだ35歳のR・フェデラー(スイス)は、今年怪我から復帰して全豪オープンとウィンブルドンを制すなど完全復活を遂げた。

株式会社リアルスタイル Real Styleのゲイブ・ハラミロの『Making Champions』 Vol.1 -フォアハンド- & Vol.2 -両手打ちバックハンド- [GJ0001] 体験談とネタバレがヤバいかも

株式会社リアルスタイル Real Styleさんの
ゲイブ・ハラミロの『Making Champions』 Vol.1 -フォアハンド- & Vol.2 -両手打ちバックハンド- [GJ0001]がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする