桂ざこば高座に上がって涙…2カ月ぶりに仕事復帰(日刊スポーツ)

「左中大脳動脈閉塞(へいそく)症」「塞栓(そくせん)性脳梗塞」でリハビリ中の落語家、桂ざこば(69)が29日、兵庫・新神戸オリエンタル劇場で「ざこば南光二人会」に出演し、約2カ月ぶりに仕事復帰を果たした。

【写真】大阪松竹座公演の千秋楽にサプライズ登場した 桂ざこば

 きちょうめんなざこばらしく、座布団を自分で直して、高座に上がった。そしてすぐ、涙。「泣かんとこ、よっしゃ! (泣かずに)頑張るぞ! 言うて、今出てきたとこやのに」と言うと、ざこばは緑の手ぬぐいを取り出して、涙をぬぐった。

 感激屋のざこばらしい復帰舞台。救急車を「ようきゅうしゃ」、5月27日に倒れ降板した6月の大阪松竹座公演「銀二貫」を「金二…、あ、銀や」。もともと、物事にさほど執着がなく、その生きざまが愛され、間違いも多いざこばならではのトークでわかせた。

 倒れた当時は「ラーメンの濃い汁飲んで、自分ではおかしい思うてないけど、あちこちぶつかってたみたいで、けいこ場に着いたら、おかしいってなって」と振り返り、カテーテル処置には「(股間あたりを指し)こっからビュッと入れて」と説明した。

 所属事務所などによると、すでに一般生活には支障がないまでにリハビリは進んでいるが、ざこば本人は「名前とか、まだまだ出てけえへん」とぼやきも。この日は途中、言語聴覚士を夫人に持つ弟子、桂そうばが助っ人に入り、病状を説明した。

 ざこばは31日に退院予定だが、あくまでも「落語家としての復帰」を目指しており、今後も週5回の通院でリハビリを継続する。所属事務所の担当者によれば「師匠は普段から人の名前覚えへんし、よう『あれ』とか『兄ちゃん』とかごまかしてるんで、回復の割合はもう8割ぐらいですかね。落語家としては、ネタを覚えないかんし、まだ7割弱ぐらい」と明かす。

 今後は8月5日に姫路、同15日の一門会などへの出演が控えるが、どのタイミングで、ネタを演じ「高座復帰」を果たせるかは、今後の体調次第でもある。

 ざこばは倒れて以降、いまだ禁酒、禁煙を守っているといい、高座復帰への強い意志を持っている。ざこばといえば、禁煙の楽屋でもタバコに火をつけ、必然的に「喫煙OK」にしてしまうことで知られ、1日3~4箱吸っていた。

 また、飲酒も大好きで、武勇伝には事欠かないが、そのざこばが酒、タバコを断っているという。喫煙者だった事務所担当者も、ざこばに合わせて禁煙を始めており、この日の楽屋でも同担当者は「師匠が行くとこ、行くとこ、片っ端から(吸いたくならないように)灰皿、片付けました」と明かした。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする