左打ち天国って本当?カナダのゴルフ量販店に行ってみた(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

13歳の少年は悩んでいた。ときは1983年。プロゴルフ界には左打ちの有名選手はほとんどおらず、周囲の大人たちは左打ちであることが将来の成功を阻むと言う。そう言われるだけで、ネガティブな気持ちになるのも確かだった。思い余った少年は、ジャック・ニクラスへ手紙を書いた。“左打ちから右打ちに変えた方が良いのでしょうか?”

【写真】マスターズ初のレフティ王者・マイク・ウィア

ニクラスは少年に返事を寄越した。「自然なままの左打ちを続けなさい。そして一生懸命練習しなさい」。カナダ人として、また左打ちの選手として、初めて「マスターズ」を制したマイク・ウィアのエピソードだ。

実際、カナダは左打ち天国だという話を聞く。その理由は、カナダ人はみな幼少から国技であるホッケーをするためで、ホッケーでは右利きの人は体の左側(テニスでいうバックハンド)でスティックを振る。ゴルフでいう左打ちに近い動作になるからだ。

“百聞は一見に如かず”ということで、トロント近郊にあるゴルフ量販店「Golf Town」を訪ねてみた。いったい、どれだけ左打ち用のクラブがあるのだろうか?
入り口脇には広大なパッティングスペースがあり、壁一面にパターが陳列されている。見てみると、右打ち用と左打ち用が無造作に並べられている。左打ち用コーナーのような場所があるわけではなく、半分よりはやや少ないくらいだが、メーカーごと、モデルごとに、右打ち用と左打ち用が取りそろえられている。そこで球を転がしていた親子も左打ちだった。

1Wやアイアン、ウェッジも同様に右打ち用と左打ち用が、同じくらい陳列されている。同店のマネージャーであるブロック・スピアー氏によると、仕入れるクラブの35%が左打ち用とのこと。同店の販売員は14人いるが、そのうちスピアー氏を含む5~6人が左打ち。試打スペースで1Wをテストしていた別の客も左打ち。ブーツを履きながら打っているところが、なんともカナダっぽい。

スピアー氏によれば、カナダ国内でもモントリオールやニューブランズウィック州などの東海岸に行くにつれて、左打ちの割合はさらに高くなり40%ほどになるという。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする