錦織 9位へ後退、ジョコビッチ10年ぶりトップ4から転落<男子テニス>(tennis365.net)

男子テニスの7月31日付ATP世界ランキングが発表され、錦織圭は昨年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)準優勝時の600ポイントが失効され、前回から1つ下げて9位へ後退。右肘の負傷で長期休養を発表したN・ジョコビッチ(セルビア)は、2007年6月以来 約10年ぶりにトップ4から転落し、5位へ後退した。

【錦織らシティOP組み合わせ】

錦織、M・ラオニッチ(カナダ)、G・ディミトロフ(ブルガリア)が順位を下げたことで、A・ズベレフ(ドイツ)が自己最高の8位へ浮上した。

今後、錦織は7月31日に開幕するシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に第2シードで出場。前回出場の2015年には決勝でJ・イズナー(アメリカ)を破って優勝した。

7月31日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ – ]…A・マレー(英国)
7,750ポイント(7,750ポイント)

■2位[ – ]…R・ナダル(スペイン)
7,465ポイント(7,465ポイント)

■3位[ – ]…R・フェデラー(スイス)
6,545ポイント(6,545ポイント)

■4位[ +1 ]…S・ワウリンカ(スイス)
5,780ポイント(6,140ポイント)

■5位[ -1 ]…N・ジョコビッチ
5,325ポイント(6,325ポイント)

■6位[ – ]…M・チリッチ(クロアチア)
5,155ポイント(5,075ポイント)

■7位[ – ]…D・ティーム(オーストリア)
4,065ポイント(4,030ポイント)

■8位[ +3 ]…A・ズベレフ
3,150ポイント(3,070ポイント)

■9位[ -1 ]…錦織圭
3,140ポイント(3,740ポイント)

■10位[ -1 ]…M・ラオニッチ

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする