中山秀征がさんまにシビレた思い出話「そんな人に」(日刊スポーツ)

タレントの中山秀征(50)が、志村けん(67)ら大御所芸人と共演したときに衝撃を受けたエピソードを明かした。

【写真】レコーディングに臨む中山秀征と柏木由紀

 中山は2日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」にVTR出演。芸能生活35年のベテランだが、「僕はだましだましやって30年ですから」と謙虚に語り、「すごい人たちと一緒にやらせてもらって来たことが一番の勉強なんですよね。志村師匠であったり上岡龍太郎さん、島田紳助さんもそうですし、本当にいろんな方たちとプライベートでもお世話になって間近で見させてもらったすごさとか研究熱心さとか、そういう本物をいっぱい若い時に見させてもらってきたんで」と振り返った。

 その中でも「かっこよさ」に衝撃を受けたというのが明石家さんま。当時お笑いコンビ「ABブラザーズ」としてレギュラー出演していたフジテレビ系「いただきます」で、司会の小堺一機が欠席したことから、さんまと3人でフリートークをすることになったという。初めての共演に緊張しながら舞台袖でさんまが来るのを待っていたという中山。「そこにさんまさんが入ってきて。『どのようにしたらいいですか』って袖で聞いたら、その数秒間の間にたばこをプッとふかして、『好きに来いや』って。そのかっこよさね。今でもさんまさんに会うとそれを思い出してシビレるんですよね。そんな人になりたいと思いますよね」と語った。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする