武田鉄矢6代目水戸黄門は「くそじじい」10月から(日刊スポーツ)

人気時代劇シリーズ6年ぶりの復活となるBS-TBS「水戸黄門」(10月4日スタート)に主演する武田鉄矢(68)が2日、東映京都撮影所で会見した。黄門さまの扮装(ふんそう)で取材陣の前に姿を見せると「ガキの頃から見てるからさ、印籠が出ると、みえ切っちゃうんだよね。初々しくやってほしいってことなので『それはダメ』と言われちゃった」と話した。

【写真】風船を手にスタジアムでソフトバンクを応援する武田鉄矢

 収録開始から約1カ月がたち、第4話の収録に入っている。武田はドラマでも俳優として「3年B組金八先生」「101回目のプロポーズ」という代表作がある。ともに「過剰に大げさに劇場型で」演じてきたが、今回はそうした持ち味や得意技を封印。「薄くてもコクがある。京風でいきたい」と、武田流黄門さま像に挑戦する。また「いたわりを強要したり、老いのずるさもあって完璧なご老公じゃない。助さんも『この、くそじじい』と言うしね」と明かすように、若者と高齢者の小競り合いも描く「現代風の水戸黄門」といった側面もあるようだ。

 同シリーズは多くの名優が黄門さまを演じてきた。6代目となる武田は、初代の東野英治郎さんに若き日に親しみ、2代目の西村晃さんには仕事でインタビューしたこともある。それぞれに印象がある中で「物議を醸した方、石坂浩二さんに一番影響されている」という。石坂は直腸がん治療との理由で、わずか約2年で降板したが、他にも理由があったと当時伝えられた。武田にとって初の時代劇出演は、石坂が主演した79年NHK大河ドラマ「草燃える」だった。「セリフ回しが分からなくて(石坂の)まねをしていた」。それだけに「今でも時代劇は石坂浩二風のしゃべり方になる」という。

いま、話題になっている・・・
バストダウンDVDプログラムをご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社イデアツールさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする