錦織出場のシティOP モンフィスらシード5選手敗退<男子テニス>(tennis365.net)

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は2日、シングルス2回戦が行われ、第6シードのG・モンフィス(フランス)、第7シードのL・プイユ(フランス)らシード勢がベスト16を前に大会から姿を消した。

【錦織らシティOP対戦表】

この日、モンフィスは予選勝者のY・バンブリ(インド)と対戦。セットカウント1-1で迎えたファイナルセット、両者サービスキープが続く中、最後はバンブリにブレークを許し1時間51分で敗れた。

勝利したバンブリは、3回戦でG・ペラ(アルゼンチン)と対戦する。

一方、世界ランク17位のプイユはワイルドカードで出場している同225位のT・ポール(アメリカ)と初の顔合わせ。第1セットをタイブレークの末に落とすと流れがポールに傾き、1時間20分で敗れた。

番狂わせを起こした20歳のポールは、続く3回戦で第11シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)と対戦する。

また、同日に行われた2回戦ではモンフィスとプイユの他に第14シードのS・ジョンソン(アメリカ)、第16シードのR・ハリソン(アメリカ)が敗退。第10シードのN・キリオス(オーストラリア)は第2セットの第3ゲーム終了時に途中棄権を申し入れた。

前日の2回戦では、第2シードの錦織圭がD・ヤング(アメリカ)に苦戦もフルセットで勝利。3回戦では、第13シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と顔を合わせる。両者は今回が6度目の対戦で、錦織の1勝5敗。

グローバルオプティマム株式会社の勝ちP オンラインテニスアカデミー 体験談とネタバレがヤバいかも

グローバルオプティマム株式会社さんの
勝ちP オンラインテニスアカデミーがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする