藤井聡太四段が連勝記録を「23」に 早指し3局こなし歴代3位(東スポWeb)

将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)が7日、大阪市の関西将棋会館で行われた「第2回上州YAMADAチャレンジ杯」で3連勝を飾り、自身が持つプロデビューからの公式戦連勝記録を「23」まで伸ばした。

 勝ち進めば1日3局をこなすこの日の対局は、持ち時間20分の早指し戦。これを藤井四段が得意とするのか、将棋愛好家の間でも意見の分かれるところではあったが、ふたを開ければ、都成竜馬四段(27)との1回戦を終始優勢に進め93手で破った。

 勢いそのまま午後からの2回戦で阪口悟五段(38)を139手で破ると、連勝記録は羽生善治3冠(46)らと並ぶ「22」に。続けて行われた3回戦では宮本広志五段(31)と対局。141手で破り、すぐさま連勝記録を歴代3位となる「23」に更新した。

 藤井四段は「早指しということもあって、内容に関してはいろいろ悪いところ、反省点もありましたが、結果として3連勝したのはうれしいです」と振り返った。

 羽生3冠の連勝記録超えには「一局一局という気持ちで指してきたので、ここまで来れたのは自分でも驚きです。もちろんうれしい気持ちもあります」と語った。

 この日は藤井四段が「大志」と揮毫(きごう)した上扇子が東西の将棋会館で発売された。四段としては異例の発売に「つたない字ながら『大志』という扇子を発売させていただいて、自分が書いた字が扇子になるのはうれしかった。『大志』という字は文字通り、上を目指して長くいきたいという気持ちを込めました」と説明。目指す“上”については「最終的にはタイトルを狙いたいですが、今はまだ力を蓄える時期だと思ってますので、それに専念したい」と話した。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする