首位発進のミッシェル・ウィ 9Wと11Wで「易しくなった」(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

◇海外女子メジャー◇全英リコー女子オープン 初日(3日)◇キングスバーンズGL(スコットランド)◇6697yd(パー72x)

【画像】ミッシェル・ウィのラインの読み方

2014年「全米女子オープン」を最後にタイトルから遠ざかっているミッシェル・ウィが9バーディ、1ボギーの「64」をマーク。後続に1打リードをつける8アンダーとして単独首位に立ち、絶好のスタートを切った。

2回の中断を挟む荒天となった午後とは対照的に、穏やかな天候に恵まれた午前組で出て快調にスコアを伸ばした。「コンディションに恵まれてラッキー。海の景色も美しかったし、とても楽しい日だった」と振り返り、コースレコードを更新するビッグスコアに上機嫌だ。

公式会見ではラウンドの内容を問われ、数多いバーディホールの詳細を述べた。メディアの耳にとまったのはチャンスを演出したクラブだ。6番は11番ウッドで4.5m。14番(パー3)と16番は、いずれも9番ウッドで2m以内につけてバーディ量産につなげた。

7月開催のメジャー「KPMG女子PGA選手権」から5番アイアンを11番ウッド、4番ハイブリッドを9番ウッドに差し替えた。中でも11番ウッドは「これだけハイロフトなクラブは使ったことはなかった」というが、この日は「とても良い仕事をしてくれた」と話し、頼れる武器になっている。

「こんなに飛距離で悩んでいたゴルファーが、たった3分で!」

土屋さん(61歳・愛知県)

還暦を過ぎてから、飛距離が伸びず、
同伴者よりも40~50ヤードも
離されているのが本当にショックで…。

それから、ゴルフが大嫌いになりました。

そんな時、みつけたのが、

「ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム」

この方法を実践すれば、たった3分で
ドライバーの飛距離が30ヤード伸びるというのです。

正直、最初は半信半疑でしたが
実践してみたんです。

でも実際やってみると、驚くほどの効果がありました。

本当に練習場で3分間で数回のスイングを、
試したところ、30ヤードどころか、
50ヤードも飛距離が伸びたのです。

飛距離アッププログラムはこちら

この「ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム」は、

■ 著者は2005年、2007年2度のドラコン日本一に輝いた【飛ばしのプロ】だということ

■ 飛距離アップのたけの3つのステップで効果的に飛距離をアップできること

■ 飛距が伸び、かつスライスやフックもなくなる

■ 一時的ではなくコンスタントに安定して飛距離が伸びること

■ ある打法とあわせ7つポイントを実践するだけよいシンプルな方法だということ

■ 自宅で簡単にできること

という、実績や効果も抜群で、
どんなに非力で高齢の方でも、
簡単にできて、今すぐ使えるノウハウや
テクニックが盛りだくさんです。

飛距離アッププログラムはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする