「鍛えられるコース」小平智&谷原秀人は後半に落とす(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 初日(3日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

【画像】松山英樹が投入した新パター

2013年以来の出場となった小平智は1バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「73」で3オーバー53位タイ、初出場の谷原秀人は2バーディを先行させながらその後6ボギーで「74」とし4オーバーの64位タイと出遅れた。

65位に終わった「4年前のリベンジをしたい」と誓った小平は、前半11番で残り157ydの第2打をピンそば2mにつけてバーディ発進。その後は「すごく良い流れで回っていたけれど、後半に風が吹いてグリーンが硬くなり、アジャストできなかった」とスコアを伸ばしあぐねた。

1オーバーで迎えた終盤8番では、セミラフからの第2打が想定外のフライヤーでグリーン奥へ。ウェッジで1.5mにつけた後パーパットを外すと、返しの1mもカップ脇をそれてダブルボギー。「ティショットの飛距離、精度は上がっている。4年前よりもパー3では1番手くらい伸びた」と手ごたえを感じつつも「鍛えられるコース。本当に難しい。フェアウェイも3分割くらいして狙わないといけない」と、巻き返しへ気を引き締めた。
世界ランキング上位者の資格でフィールドに滑り込んだ谷原は、今大会出場の日本勢の中でただ一人、今年初めてファイヤーストーンCCを経験。キャディにはかつて丸山茂樹とタッグを組み米ツアーでならした杉澤伸章氏を起用した。

前半2番(パー5)で手前からのアプローチを奥からの下り傾斜を使って、難関4番では5mの下りのパットを決めて2バーディ。5番(パー3)から2ホール続けて1パットパーで我慢したが、1Wショットを左サイドの木に当てて2打目に235ydを残した8番でボギー。「うまく打てていたのが急に曲がりだした。そこから修正できなかった」。9番も第1打を左のバンカーに入れてボギーとし、後半も挽回できなかった。

「こんなに飛距離で悩んでいたゴルファーが、たった3分で!」

土屋さん(61歳・愛知県)

還暦を過ぎてから、飛距離が伸びず、
同伴者よりも40~50ヤードも
離されているのが本当にショックで…。

それから、ゴルフが大嫌いになりました。

そんな時、みつけたのが、

「ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム」

この方法を実践すれば、たった3分で
ドライバーの飛距離が30ヤード伸びるというのです。

正直、最初は半信半疑でしたが
実践してみたんです。

でも実際やってみると、驚くほどの効果がありました。

本当に練習場で3分間で数回のスイングを、
試したところ、30ヤードどころか、
50ヤードも飛距離が伸びたのです。

飛距離アッププログラムはこちら

この「ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム」は、

■ 著者は2005年、2007年2度のドラコン日本一に輝いた【飛ばしのプロ】だということ

■ 飛距離アップのたけの3つのステップで効果的に飛距離をアップできること

■ 飛距が伸び、かつスライスやフックもなくなる

■ 一時的ではなくコンスタントに安定して飛距離が伸びること

■ ある打法とあわせ7つポイントを実践するだけよいシンプルな方法だということ

■ 自宅で簡単にできること

という、実績や効果も抜群で、
どんなに非力で高齢の方でも、
簡単にできて、今すぐ使えるノウハウや
テクニックが盛りだくさんです。

飛距離アッププログラムはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする